宮村ななこ インタビュー「とにかく、やりたくてやりたくてしょうがないんです!!」

宮村ななこ

宮村ななこ
別名
矢田ななこ(舞ワイフ)

生年月日
1998年01月10日

サイズ
T167 / B88(Eカップ) / W60 / H90 /

出身地 福岡

所属事務所
ARROWS

2017年5月にAVデビューします。前職はエステシャン。
同年6月29日、恵比寿マスカッツの新メンバーオーディションで研究生として合格、8月23日の最終審査で新メンバーとなりました。
現在はマスカッツの中で不思議キャラとして定着。

美脚がポイントの抜群のスタイルと、なんかどこかで会ったことがあるような気にさせる親近感があります。

インタビュー「とにかく、やりたくてやりたくてしょうがないんです!!」

彼女に過去の恋愛についてたずねると

「恋愛とか結婚は、自由を失う儀式じゃないんですか?この人と結婚すると他の人とSEXできなくなってしまうし、制限されてしまうわけじゃないですか!!結婚はそれこそ囚われの身になってしまう。彼氏と付き合ってても、いつAV女優辞めるの?って必ず言われる、そんなときなんでお前のために辞めなければいけないのと思ってしまう」
AV女優になったのは?
「とことん快楽を追求できること、やりたくてやりたくてしょうがないんですよ!!普通の世界でそれを言うと『えっ?』てなってしまう。それが仕事として成立してて、大ぴらにできるから。プライベートなSEXのとき、SEXは心でするものだって言われたんだけど、それが全然わからなくて!好きとか重たいんです」

ストリップに挑戦!!

コロナ禍の2021年4月に、浅草ロック座でストリップ初舞台に挑戦しました。

「初日の一番最初、手がカタカタカタカタ震えてました、自分で手を見て「震えてる!」って思って吐きそうになってました。もうそれくらい緊張してました。初日が終わって少し馴染んできました」
ストリップに挑戦した理由は?
「事務所から「やってみない~?」とお声がけをいただいて、やってみます!(即答)と返事しました。実はもともと(ストリップ)劇場にめちゃめちゃいってたんですよ(笑)。ロック座にも月イチくらいでいってました。踊り子さんが大好きで!!かっこよすぎて!!」

ななこさんにとって、ストリップは憧れの舞台だったんですね。

出演を決めてからレッスンとかどうだったんですか?

「私はまったくダンス経験がなくて、未経験者なんですよ。振り付けレッスンでも全然ついていけなくて、自宅で自主練するために家の中のありとあらゆるものを捨ててスタジオ化して(笑)、全身鏡をいっぱい買って壁にバンバンバンとおいてレッスン場にしました(笑)そして隣と下の階に行って「すいません、これから1ヶ月間騒がしくなります」と菓子折りもって挨拶にいきました。ほとんど踊りっぱなしで寝ませんでした」
舞台を終わっての感想は?
「私が舞台に立たせていただいた一番の印象はアスリートの世界だなって思いました。もう芸術のアスリートの世界でダンサーや踊り子さんの体が彫刻みたいにキレイな体で、あ、もうそこから違うってびっくりしました。私自身は、もっとうまくなりたい、上手に人を引きつける踊りをしたいって思いました」
自宅で練習するために、部屋をスタジオ化できる人はなかなかいません。大抵の人はまちなかのレンタルstで、数時間頑張ることくらいしか思い浮かばないかと。
興味あることに一途に努力するパワーと情熱があるんですね。

YouTube「ななちゃんの保健室」を開設

AVがテーマため広告がつかないなか、毎週 水木金土日22時更新で配信しています。

【チャンネル紹介】
ななちゃんの保健室は、現役AV女優「ななちゃん」が皆さんに伝えたいことを発信していくチャンネルです。

内容は

1.AVはドラマや映画と同じく「作品」である!ということを現場目線で伝えていきます

2.AVだけでなくて、性の事情、性にまつわるあれこれを知ってみんなで勉強していきましょう

3.性のお悩みに答えます

今までにない切り口の内容で、登録者数も2.5万人となっています。

まとめ

性に奔放で、タブーが少ない宮村ななこさん。

スレンダーで美人な容姿とうらはらに、親しみやすい人柄は、あれっ?このひとどっかで会ったことあるかもと感じるのは自分だけでしょうか。

一生懸命、性を謳歌するななこさんをこれからも応援します。

 

error: Content is protected !!